Sponsored Link

【喪中はがき】個人事業主や会社の社長が亡くなった場合の対応は?

身内や親戚に不幸があり喪中はがきの

準備を始められたという方もおられる時期かもしれませんが

もしかすると、亡くなられた方が個人事業主さんであったり

会社の社長さんであった場合は、どう対処すれば?

 

はたまた、会社の社長や個人事業主の方が

親族を亡くされた場合はどうすれば良いのか?と

悩まれているかもしれません

 

ということで、今回は、個人事業主の方や社長さんにおける

喪中はがきの取り扱いについてまとめてみようと思います

 

スポンサードリンク

 

会社や法人に喪中はあるの?

個人事業主の身内の方や会社の社長さんが亡くなられた場合

会社やその家族としては、取引先の方や関係各所へ

普通に年賀状で年始を挨拶をしていいのか

やはり、喪に服して喪中はがきを出すべきかと

対応に悩まれているかもしれませんね

 

しかし、会社(法人)は自然人とは違い、喪中という概念はございません

 

ですので、会社の代表者、創業者、社長が亡くなられた場合でも

会社からは、通常通り年賀状にて新年の挨拶をするのが通例ですし

 

また、会社の社長や個人事業主である方が

家族や親せきを亡くされたとしても

公私は分けて考えますので、喪中はがきを出すことはありません

 

もちろん、ご遺族の方が会社の関係者の立場ではなく

個人として喪中はがきを出される場合には大丈夫ですが

やはり、亡くなられた方の個人名を出さずに

会社、お店、事務所として喪中はがきを出すことはありませんので

注意するようにしてください

 

家族経営の小規模な会社では?

事業形態によっては、家族のみの会社で取引先の方も勝手知ったる仲で

喪中はがきにて年賀欠礼の挨拶を、と思われるかもしれませんが

その場合であっても、会社名では基本的に喪中はがきは出しません

 

公私を分けて、喪中はがきを出すのであれば

会社としてはではなく、個人として出すようにしてください

 

まとめ

法人には喪に服するという概念はありませんので

会社や個人事業主の方は、公私をしっかり分けて

年賀状にて新年の挨拶を行うようにしましょう

 

その他、喪中はがきの出す時期や範囲等

解説していますのでこちらの記事もどうぞ↓

【喪中はがきを出す範囲】祖父母、義兄弟、叔父叔母が亡くなった場合は?

喪中ハガキはいつ出すの?49日がまだや12月に亡くなった場合は?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ