Sponsored Link

奈良ヨーカドー閉店で跡地には忍者屋敷?再オープン日はいつ?

奈良県のイトーヨーカドーが

2017年9月10日をもって閉店いたしました

旧奈良そごうの豪華絢爛な雰囲気から一変し

町に人に愛される庶民派店舗として14年間に渡り

営業を続けてきたわけですが

遂にこのときが来てしまいましたね

 

ということで、今回は

そんな奈良のヨーカドー閉店後の跡地には

何が出来るのか?新施設はいつオープンするのか?

まとめていこうと思います

 

奈良ヨーカドー閉店の理由は?

2003年に奈良そごうの跡地を引き継ぎ

衣料品から、食料品、美術館にフトッサルコートと

65ものテナントが入って営業を開始したわけですが

このたび、閉店に至った理由は

きわめてシンプルで業績不振です

 

そもそも、最寄り駅の近鉄奈良線の「新大宮駅」からでさえ

徒歩で20分を要するという立地条件で

個人的には、車でもなんか行きにくい場所だ、というか

駐車場に入りにくいという印象でした笑

 

そして、それに加えて

最近では、立地条件等も良好なならファミリーや

イオンモールも3店舗オープンするなど

競合店舗の増加も経営不振に拍車をかけました

 

セブンアンドアイホールディングスは

ヨーカドー自体を業績不振店舗はどんどん

閉店していくという方針を掲げているとは言え

やはり、町の象徴の一つでもある大型ショッピングセンターが

その姿を消すと言うのは寂しいものですね

 

というか、天下のセブンアンドアイでも

何ともならなかったのがまた切ない、、

 

スポンサードリンク

 

奈良ヨーカドー跡地は忍者屋敷や観光施設?

奈良ヨーカドーは閉店となってしまいましたが

やはり、皆さん気になるのはあの跡地には

次は、何が出来るのか?ということではないでしょうか?

 

実は、この跡地、すでに新たな複合商業施設として

再活用されることが決まっています

 

今後は、東京の商業施設コンサルタントの「やまき」が

土地、建物を取得し、地元民もターゲットにしつつも

観光客を取り込める施設をオープンする予定だそうです

 

新店舗名は「NARA HEIJO PLAZA」(仮称)として

2018年春のオープンを目指しているとのことです

 

平城宮跡が近いことからこの名前だそうで

外国からの観光客をターゲットにした「忍者屋敷」や

ファミリー層向けの「芝居小屋」

そして、最上階の展望室の活用も予定されているようです

 

もう個人的には、開き直って

長屋王の呪い展」とかやったらいいのに

って思っちゃったりもしています

(ごめんなさい)

 

まとめ

奈良ヨーカドーは残念ながら

14年の営業に幕を下ろすことになりましたが

すでに次の施設のオープンが予定されているようです

 

正直、立地条件等厳しいところもあるとは思いますが

なんとか頑張ってもらいたいですね

観光客をどれだけひっぱってこれるかが鍵になりそうです

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ