Sponsored Link

お盆のお供え、お金を包む際ののしや金額の相場にマナーを解説

どうも、こんにちは!

今日は、また色々と悩まされることの多い

お盆のお供えについて書いていこうと思います!

 

こちらの話題も他のテーマと同じく

地域や風習、または家庭によっても

大きく変わってくることだと思うので

事前のチェックもお願いします!

 

お盆のお供えにのしや表書きのマナー

お盆のお供えといえば

一般的には、お菓子であったり

果物や飲み物であることが多いでしょうか?

または、現金でという方もおられます

 

現金を包むとなれば、のしに表書きに水引はと

さらには、初盆だと何か違うの?と疑問の嵐に

 

では、簡単にポイントを

現金を包まれる場合は

 

水引は黒白か黒白銀か双銀

(関西の一部では黄白の場合があるので要確認!!!)

 

結びは結切りか鮑結び

 

表書きには、御仏前(ごぶつぜん)、御沸前・御供物料

※地域によっては初盆の際ちょうちん代を包むこともあるので

その場合は、御ちょうちん代とします

 

表書きの下段に名前をかかれる際は

簡略化されつつあるので、名字だけでもいいのですが

マナーとしては、フルネームで書きましょう

 

お盆で現金を送る場合の相場

そして、お金の包む際の相場はどれくらい?ということですが

新盆、初盆の際は五千円から一万円というのが相場と言われ

故人とのおつきあいの程度によって変わってくるとされています

 

概ね金額の相場はこうだと考えていただいて

やはり、このあたりの問題も地域であったりの

慣例を確認してみるのがいいでしょう

 

ちなみに初盆以降は

三千円程度やお菓子などを

送られることがおおいようです

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ということで、今回は

お盆の際のお供えや現金を包まれる際の

マナー等について解説させていただきました

 

水引や結びと人によっては

わかり辛く色々と小難しい感じがしますが

最低限のマナーさえ守っていただけたら

 

最終的には、人を思う心が大切ですので

是非とも、そのあたりを

忘れずに対処していただけたらと思います

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ