Sponsored Link

会社の部下からのお中元にお返しは必要?金額の相場にその時期は?

お中元は、日ごろの感謝の気持ちを込めて

お世話になっている方へ

 

例えば会社の上司であったり、親戚筋であったり

仕事関係の方と贈るものなのですが

意外と知らないマナーが多かったりしますよね

 

特に、会社などでは部下を従えるようになり

初めて部下かからお中元を頂いたりで

その対応に困っているなんて方も

おられるのではないでしょうか?

 

今回は、そんな部下から

お中元をもらう立場になったという方に

お中元についてお返しなどのルールを

解説していこうと思います

 

部下からのお中元にお返しは必要?

お中元というのは、

日ごろお世話になっているので

是非ともこの気持ちを伝えたいという

贈り主の気持ちが込められているものですので

 

相手方も当然そういった見返り、お返しは

求めているわけではございません

 

お祝いなどで贈られるのではなく

あくまでも感謝の気持ちを表すものなのです

 

つまり、お中元に対する

お返しは原則不要となっており

これは、たとえあなたが上司の方から

頂いた場合にも当てはまります

 

お中元を頂いた場合は

では、お中元を頂いたら

頂いたままでいいのか?となると

それは当然違いまして

 

お中元を頂いた際のマナーとしては

お礼状を出すということになります

 

最近では、お中元に対する

マナーなども変化していると言われますが

贈られた側としては、お礼状を出すのが

マナーということには変わりません

 

お返しをする必要はありませんが

そのあたりは徹底しておきましょう

 

お返しをするなら金額の相場や時期は?

基本的には、お中元に対するお返しは

不要でお礼状のみで十分とはいえ

せっかく部下が贈ってくれたのだからと

何かお返しを、となる方もおられるでしょう

 

そういった場合は、あまり形式ばったことはせずとも

お礼状の他には、食事に誘って

仕事の悩みを聞くといったことでもいいですし

 

何か贈り物をと考えられるのであれば頂いたものの

半額から同額程度のものを贈られると良いと思います

 

関東では、7月15日、関西では8月15日を過ぎた場合は

「残暑御見舞」として贈られるといいですね

しかし、このあたりのお盆の時期は各地方によって

異なりますので注意していただけたらと思います

 

スポンサードリンク

 

まとめ

基本的にお中元に対するお返しは不要ですので

お礼状で届きましたよという事実に

感謝を伝えられたら大丈夫です

 

それでももし何か贈られるのであれば

決して過度に高額なものは選択されずに

半額程度のものを贈られたりがいいでしょう

 

会社やそれぞれの関係性によるのですが

そこまでかしこまる必要はございません

あくまでも贈る側の方は

あなたに感謝の気持ちを伝えたいのですから

 

ということで、簡単にですが

お中元のマナーについて解説させていただきました

 

基本のマナーは概ね今回書かせてもらった通りなのですが

もちろんこれには各会社や地方ごとに

ルールなどで変わってくることもありますので

柔軟に対応していただけたらと思います

 

こちらの記事も良かったらどうぞ↓

【お中元】お返しのお礼状の書き方に文例、断りや辞退したい場合は?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ