Sponsored Link

【お中元】お返しのお礼状の書き方に文例、断りや辞退したい場合は?

お中元は日頃の感謝の気持ちを込めて

お世話になっている方にお礼として贈るという習慣で

この時期はちょっと忙しくなるという方も

多いのではないでしょうか?

 

お中元をいただくのは嬉しいのですが

その際に悩まされるのがお礼状の書き方

 

お中元は基本的にお返しとして

何か贈り返すという必要はないのですが

お礼状を出すことは社会人としてのマナーです

 

ということで、今回は

そんなちょっと悩んでしまう

お中元のお礼状の書き方や文例をみていこうと思います

 

お中元・お返しのお礼状の書き方

お礼状を出す場合は、やはり

お中元が届いてから2,3日以内に出すようにしましょう

 

お礼状の正式な書き方としては

縦書きの封書によるものですが

よほど厳格に形式をこだわるといった相手の方ではない限り

はがきに横書きで出されても問題はございません

 

お礼状を書く際には

  • お中元に対する感謝の言葉
  • お中元を頂いての家族の喜び

などを盛り込んでみるとより気持ちが伝わると思います

 

お礼状のパターン・文例

どう書いていけばいいのかわからないという方もご安心ください

以下のパターンにそってご自身の言葉に当てはめていきましょう

 

  1. 時候の挨拶
  2. お中元に対するお礼の言葉
  3. 品物に対する感想・お礼
  4. 相手の健康を祈る言葉
  5. 結びの言葉

 

では、例文をみましょう

 

拝啓 日ごとに暑さが増してきましたが、○○様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

この度は、お心のこもった品をお贈りいただき誠にありがとうございました。

子供たちも大変喜び、家族みんなで美味しくいただきました。

まだまだ暑い日が続くようですので、くれぐれも体調にはお気をつけください。

略儀ながら、書中にてお礼申し上げます。敬具

 

平成○年○月○日

名前

 

親しい方に贈られる場合でしたら

もう少し言葉をくだけた表現に変えられてもいいでしょう

 

いただいた品に対する喜びの声であったりを丁寧にかかれると

相手の方にも喜んでいただけるのではないでしょうか?

あとは、それぞれにアレンジしてみてください

 

お中元を辞退したい場合

感謝の気持ちを伝えるためのお中元なのですが

人によっては職業柄、贈答が禁じられている場合や

また、どうしても毎年のように贈っていただくのは

心苦しいという方おられるのではないでしょうか?

 

そういった場合に

次回からのお中元を辞退するには

お中元に対する感謝の言葉の後に

会社の方針や贈答が禁じられていることなど、

その旨を簡潔に伝えるようにしましょう

 

個人の場合でどうも心苦しいと感じられている場合は

どうか、今後はこのようなお気づかいをなさらないようお願いします。

などと、加えてみるといいでしょう

 

スポンサードリンク

 

お中元のお礼状の書き方・まとめ

お中元に対してお礼状を出すのは社会人のマナー

今後の親族関係であったり

社会関係を円滑に進めていくためにも

しっかり気に留めておきたいところですね

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ