Sponsored Link

お歳暮の時期はいつからいつまで?関東や関西での違いにマナーを確認

 

年も暮れに近づいてきますと話題になってくるのがお歳暮

お世話になった方に感謝の気持ちを込めて

贈り物をするわけなのですが

ついついその時期やマナーなどは忘れてしまいがちに

 

ということで、今回は

気になるお歳暮の地方ごとの贈る時期や

マナーについてまとめてみました

 

お歳暮を贈る時期はいつからいつまでに?

お歳暮は文字通りのその年の暮れに

お世話になった方への感謝の意を込めた贈り物

 

そのお歳暮を贈る時期としては

12月13日から新年を迎える準備に取り掛かるすす払いの風習や

年末の忙しい時期に手間を取らせないための配慮から

12月10日頃~20日までに贈るようにとされています

 

また、最近ではデパートなどのお歳暮の商戦などもあり

年々その時期早まっているとも言われています

(あくまで手配に入る時期が、という意味ですが)

 

そして、地方によっても多少時期がずれてくる場合もあり

北海道や関西に九州などは上記の時期が基本なのですが

関東、東海、北陸の一部地域では12月の初旬に贈られるようです

他にも地域ごとに細かく変わってくることもあるみたいですので

あらかじめ確認しておくようにしましょう

 

お歳暮を贈る時期が遅れた場合は?

20日までに届くようにするのがマナーと書きましたが

その時期に遅れた場合はいつまでなら贈っても大丈夫なのか

気になる方もおられるでしょう

 

これは、年末の忙しさに配慮してのことですので

厳密に言うと12月31日までに届く場合は

熨斗の表書きにお歳暮と書き贈ることができます

 

鮭や数の子といった生鮮食品などは

逆に年末の方がいいとされています

ですが、それら以外の場合は遅くとも25日までには

届くように準備される方がいいでしょう

 

お歳暮が年内に間に合わない場合は?

どうしても、年内に届けることが出来なくて

元旦から松の内の時期(1月1日から1月7日まで)に

届くようになる場合は

 

熨斗の表書きを「御年賀」に変えて贈るようにしましょう

(関西の場合は1月15日までが松の内ですので注意)

 

ちなみに、お歳暮は感謝の気持ちを伝えるためのものですので

喪中の方であっても相手方が喪中である場合も贈ることが出来ます

ですが、御年賀はお祝いの言葉が含まれているために

使用できませんので注意するようにしましょう

 

スポンサードリンク

 

お歳暮・まとめ

お歳暮は感謝の気持ちを込めて贈るものですので

その相手は幅広く、会社の上司や取引先の方はもちろんのこと

結婚式の仲人さんや親しい友人など様々です

 

最近ではデパートやネットなどで手配することが多くなり

そこまで表書きなどを気にすることもなくなってきましたが

直接渡される場合などは時期やマナーなど守って

気持ちよく感謝の気持ちが伝えられるといいですね

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ