Sponsored Link

お歳暮のお返しはお礼状だけいいの?時期や相場にマナーを確認!

お歳暮は一年の感謝の気持ちを伝えるものとされていますので

親しい友人に家族や親戚といった間柄はもちろんのこと

会社の上司や目上の方からいただくこともあるかもしれません

 

お歳暮をいただいて嬉しいのですが

気になるのは、お返しに何か贈ったほうがいいのか?ということ

 

友達同士ならまだしも会社関係や取引先となると

ちょっと考えちゃいますよね

ということで、今回はいただいたお歳暮に対する

お返しの有無やお礼状などについてまとめてみました

お歳暮にお返しは必要?

お歳暮は一年や日頃の感謝の気持ちを込めて贈るもので

お祝いというものではありませんので

お返しは基本的に必要ありません

 

では、お歳暮をいただいた際に

何をすればいいのかと言うと、お礼状を出すことですね

お礼状には、お歳暮をいただいたお礼を伝えるのはもちろん

ちゃんと手元に届き受け取りました、ということを

伝える意味もありますので必ず出すようにしましょう

 

お礼状を出すタイミングなのですが

遅くともお歳暮が届いてから3日以内には出すようにしましょう

最近では、友達同士で贈りあうこともあるので

メールや電話などで済まされることも多いのですが

上司であったり、目上の方に出される場合は

しっかりと手紙に手書きで送るようにしましょう

 

お返しを贈りたい場合は?

お返しは必要ないとは言え

時に思いがけない方からいただくこともあり

こちらからも是非お返しをしたいという場合もありますよね

 

そういった場合は

年末の差し迫った時期でお相手も忙しいことも考えられますので

年が明けてから「御年賀」という形で贈るようにしましょう

御年賀は、年明けから松の内(1月7日、関西では15日まで)の

時期に使用されるものですので注意しましょう

 

相場としては、半返しなどが基本といわれていますが

あくまでも目安で、いただいたもの品物よりかは

やや安めの品を贈られると気兼ねなく

受け取っていただけるでしょう

くれぐれも高価すぎるものを

贈るのだけはやめておきましょう

 

スポンサードリンク

 

お歳暮のお返し・まとめ

お歳暮にお返しは不要ですが

きちんと電話での連絡やお礼状を出すようにしましょう

決して時期が贈れることがないように注意してくださいね

では、日頃の感謝の気持ちを込めて素敵な贈り物を

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ