Sponsored Link

【お年玉】銀行や郵便局で新硬貨に両替できる?入れ方やマナーを解説

もう、年の瀬も近づいてきたということで

お年玉の準備を始められたという方もおられるのではないでしょうか?

私自身も、友達の子供たちの笑顔の為にと

かわいいポチ袋を、と探してみたりとしているわけですが

 

もしかすると、まだ小さいお子さんのお年玉の為に

500円玉などをきれいな新硬貨に両替をしたいという方も

おられるのではないでしょうか?

 

ということで、今回は

銀行や郵便局で新硬貨に両替をしてもらえるのか?

そして、お年玉に硬貨を入れる際のマナー等について

解説していこうと思います

 

銀行や郵便局で新硬貨に両替できる?

一般的に、お年玉用に新札を用意されるという方は多いと思われますが

例えば、まだ新生児のお子さんであったり、小さなお子さんへ

お年玉を贈る際は、あまり大きな金額となると相手方へも

負担となってしまうことから500円玉で、と

考えているという方も多いと思います

 

ですが、新札を用意する場合と違い

硬貨の場合は、わからなかったりしますよね

 

ということで、そんな疑問に対する答えなのですが

基本的に、銀行では硬貨をピカピカのきれいな新硬貨に

両替してもらうことはできません

 

紙幣の場合と異なり、造幣局から送られてくる

タイミングや都合に左右されますし

そもそも新硬貨自体が存在していなかったりします

 

ですので、よほど懇意にされているか、よほど大量に両替をするということなどの

特殊な事情に加え、ちょうど銀行に新硬貨が入ってくるという条件が

合致しない限りは応じてくれないでしょう

 

もちろん、銀行に行って新しい硬貨があるかどうかを

確認されることは問題ありません

 

郵便局では?

郵便局やゆうちょ銀行では、そもそもの話になるのですが

両替商ではないため、基本的に両替業務を行っておりません

単純にそれは、銀行の業務になります

 

一部、郵便局ではサービスの一環として両替を行っているようですが

それでも、新硬貨への交換となると保証はできなくて

たまたま、新硬貨があるかどうかということになります

 

スポンサードリンク

 

硬貨のポチ袋への入れ方ってあるの?

紙幣に関しては、多少紙幣の折り方や入れ方と

気にされると思うのですが硬貨の場合はどうなんでしょうか?

 

硬貨の場合は、表面を上にして

ポチ袋に入れるのが正解になります

 

つまり、500円玉でしたら桐、100円なら桜、50円なら菊と

絵柄が描かれている方を上向きにして

製造年月日が下になるように入れます

 

まとめ

新札への交換や両替は銀行でしてもらえるのですが

新硬貨への両替、交換は銀行、郵便局ともに

基本的には対応してくれませんので

なるべく、きれいな硬貨を選んだり

軽く磨いてみたりが、良いかもしれませんね

 

また、硬貨の入れ方については

表面を上にするのが正解なんだそうですが

私は、そんなの全く気にせずに入れちゃってましたね笑

 

まあ、一応豆知識としてでも

覚えておかれると良いのではないでしょうか?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ