Sponsored Link

ノートパソコンの処分方法!家庭ゴミで出せる?料金は無料、有料?

長らく使ったノートパソコン

調子が悪いので買い替えを検討していたり

既に新しく購入した場合

 

以前使っていたノートパソコンを

どのように処分したらいいのか、わからなかったりします

普通の家庭ゴミとして捨ててしまっても良いのか

はたまた引き取ってもらうのにお金がかかってしまうのか

 

ということで、今回はそんなノートパソコンの

処分方法について解説していこうと思います

 

ノートパソコンは家庭ゴミで出せる?

平成15年4月7日改正、同年10月1日施行の

資源の有効な利用の促進に関する法律(有効資源利用促進法)により

家庭用パソコンの回収と再資源化がパソコンメーカーに義務付けられ

 

地方自治体においては

ノートパソコンに限らずデスクトップ、液晶ディスプレイ

液晶一体型パソコンの回収、引き取りが出来なくなりました

 

つまり、一般の家庭ゴミの燃やせないゴミや

粗大ごみ等としては出せませんので注意してください

出したとしても、回収できません、といった

紙などが貼られゴミ収集場に放置されます

 

ノートパソコンの処分方法!料金は無料、有料?

自治体が回収してくれないんだったら

一体どうやって捨てたらいいんだということで

幾つか処分方法を紹介していきます

 

パソコンメーカーに回収を依頼

先ほど書きました通り

法律によりメーカー側に回収が義務付けられましたので

処分するパソコンのメーカーのホームページから

ネットや電話で回収依頼をしてください

 

なお、回収にあたって必要となる料金は

PCリサイクルマークが貼ってあれば無料

もしない場合であれば、メーカーによりますが

3000円から4000円が必要となってきます

 

各パソコンメーカーの回収受付窓口は

パソコン3R推進協会のページから確認してください

 

自治体による回収

あれ?さっき自治体では回収できなくなったって

言ってなかったと思われたかもしれませんが

 

実は、平成25年4月に

使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律

(小型家電リサイクル法)というものが施行され

自治体によってもパソコンを含めた小型家電の

回収が可能となりました

 

こちらは、自治体によって対応が異なっており

回収ボックスを設置している場合もあれば

自治体が提携している回収業者が回収する場合もございます

 

料金は回収ボックスであれば投函できれば無料

回収業者の場合、ほとんどが環境省・経済産業省から

認定を受けているリネットさんだと思うのですが

パソコンが含まれていれば無料、パソコンなしで

その他の小型家電だけであれば1500円となっています

 

電気屋さんに引き取ってもらう

大手家電量販店ですと無料でパソコンを

引き取ってくれるところもあります

 

例えば、ヤマダ電機であれば

古いものから壊れているもの自作であっても

無料で回収してくれる上に会員であれば

ポイントももらえちゃうそうです

※キャンペーンに関しては都度ご確認ください

 

その他の家電量販店でも

同様のサービスを提供しているかもしれませんので

ぜひ、確認してみてください

 

中古販売業者に買い取ってもらう

ソフマップやPCデポなどのパソコンショップや

ハードオフなどの中古販売者さんに

引き取ってもらう方法もあります

 

中古品となりますので、前提として

買い取ってもらえる状態のものあることや

年式などが比較的新しいことなど

ややハードルは高くなるかもしれません

 

大手家電量販店でも下取りといった形で

回収してもらえることもあります

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ということで、今回はノートパソコンの

処分方法について解説させていただきました

 

パソコンは家庭ゴミとしては出せませんので

紹介したいずれかの方法によって回収してもらう形になります

 

また、廃棄処分に関して

HDDの中身をしっかり消しておかれると良いのですが

基本的に今回紹介した方法によれば

 

パソコンの中身のデータは消すなり

HDDを物理的に破壊するなどの

処置が取られるので安心していただいて良いのですが

念のため、しっかりと確認しておきましょう

 

ただし、よくある廃棄物処理業者などは

怪しいところや悪徳業者で法外な

値段を請求されることもありますので

利用される際は十分注意するようにしてください

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ