格安スマホ、格安SIM業界でも人気ブランドの1つ楽天モバイル

そんな、楽天モバイルが提供する最安値プランのベーシックプラン

でも、なんか公式ページを見てもあまり内容がわからないんですよね笑

 

ということで、今回は楽天モバイルのベーシックプランについて

容量や速度のこと、そして気になるLINEについて解説していきます

 

楽天モバイル・ベーシックプラン

楽天モバイルのベーシックプランは

通信SIM1250円、050データSIM645円、データSIM525円という

破格ともいえる低価格を実現していることで話題のプラン

ですので、普段からスマホはほとんど使わないという方や

家ではWi-FiにつないでLINEばかりでデータ通信も

そこまで必要ないなんて方には非常に魅力的にうつりますよね

 

でも、ベーシックプランと書かれているだけで

実際どれくらいのデータ通信ができるのか

パケット通信容量がどれだけなのかわからなくて

ちょっと不安だったりもするということで

では、さっそく解説していきます

 

ベーシックプランは容量無制限!でも、速度は?

ベーシックプランの容量は無制限、上限なしの使い放題です

では、なぜ最安値でそれが提供されているかと言いますと

ベーシックプランは、使い放題ですが

あくまでも低速データ通信のみだということです

 

楽天モバイルの容量3.1GB以上のプランですと

それらは高速データ通信の容量を指し

通信速度は下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbpsとなるのですが

ベーシックプランの場合は、最大200kbpsとなります

Mbpsではなく、kbpsですので、はっきり言ってめっちゃ遅いです

数値上は1000倍以上の差があることになります

 

ウェブサイトの閲覧も表示に時間がかかりますし

YouTubeで動画を見るのにも当然サクサクとはいかず

ストレスを感じまくります

SNS系は、そこまで遅く感じないかもしれませんが

LINEスタンプであったりは多少時間がかかったりします

ゲームアプリにしても、ローディングはかなり面倒くさいです

 

 

LINEや通話はできるの?

SNS系はよほど大きな画像や容量を要するものを

送信するのでなければ、特に問題はなく使用していただけます

 

そして、LINE通話に関しても気にされる方が多いのですが

データ通信ではないので、こちらも問題なく使用していただけます

品質に関しましても、格安スマホだから、

ベーシックプランだからということは関係なく

ドコモと同じものとなっているので安心ですね

 

ベーシックプランが向いている方

データ通信が低速すぎるということで

不便なだけで使いようがないかと思われるかもしれませんが

そんなことはなく、普段から家でも職場でも

またカフェなどのWi-Fiスポットなどを利用される方には

通信速度はそれらに依存することになるので

外でガンガン使わないという方にはとてもおすすめです

 

LINE通話も問題なく使用していただけますので

通話の面も困ることはないと思います

 

 

まとめ

楽天モバイルのベーシックプランに関しては

基本的にWi-Fi環境での利用を考えているという方には

非常におすすめのプランとなっています

もし、それでは不安だという方は迷わず3.1GBプランを選択しましょう

実際、料金的にも通話SIMで1600円ですので

さほど大きな負担にはならないと思います