先日、格闘技界を沸かせた話題と言えば

やはり、RIZINとあの6階級制覇ボクシング王者マニー・パッキャオが

何らかの契約を果たしたということでしょう

 

これにより、思い出されるのは昨年大晦日の

フロイド・メイウェザー対那須川天心選手の試合なのですが

当然、パッキャオもRIZINで誰とどんなルールで戦うのか?

皆さん気になるところだと思います

 

ということで、今回は

そんなマニー・パッキャオ選手のRIZINでの動向や

現在の階級や体重、そしてファイトマネーについて

考察していこうと思います

 

パッキャオはRIZINで誰と何ルールで戦うのか?

別に、パッキャオがRIZINと契約をするのはいいのですが

一体何の目的あってのことなのかと訝しがっている方も

多いというかほとんどでしょう

 

現時点において判明していることは

2019年4月21日に開催されるRIZIN.15に

パッキャオが選手を送り込み那須川選手と

対戦させるということだけ

 

榊原さんもパッキャオと新たな仕掛けを

行うと言っているだけですので

彼自身が参戦するどうこうではないという気がします

 

 

それに、実際問題誰も対戦相手なんているわけないですし

キャリアを通じてライトフライ級~スーパーウェルター級までの

11階級で戦い、メジャータイトルである6階級制覇したことで

知られ伝説となっているパッキャオ選手ですが

 

なんと、40歳となる現在もWBW世界ウェルター級王者なのです

ちなみにメイウェザーは昨年のエキシの時42歳です笑

 

つまり、彼が勝手にどこぞの団体の公式戦に

出るなんてことがそもそも不可能なわけです

 

じゃあ、エキシビジョンなのでは?となるかもしれませんが

彼自身が、那須川選手とメイウェザーのエキシに対して

かなり否定的なコメントを出していたので

例え那須川選手相手じゃないとしても

それはないだろうと思います

 

何かあるとしたら、RIZIN.15のように

パッキャオ選手がどんどん選手を送り込んでくるという

代理戦争的な企画にしていったり

 

はたまた、彼が日本の選手にトレーニングをつけたりと

そんな感じの企画でもやっていくのではないでしょうか?

 

あと、さらに言えば彼、2010年からフィリピンの国会議員で

2016年には上院議員に当選し22年まで任期を残す身分ですので

そんな簡単な立ち回りは出来ないと思います

 

スポンサードリンク

 

パッキャオの現在の階級や体重、ファイトマネーは?

一応、万に一つでもエキシでも何でも

パッキャオがRIZINのリングに上がることになったら

どれくらいの階級で戦うのか気になりますよね

 

身長168センチで体重47,8キロ規定の

ライトフライでプロデビューをしてから

彼がその名声を手にすることとなった6階級制覇では

約66~69キロで戦うスーパーウェルターにまで

体重を階級をあげていったわけですが

 

現在は約63~66キロで戦うことになる

ウェルター級のチャンピオンですので

そのあたりの体重となると思うのですが

やっぱり誰も相手なんていないですよね笑

 

そして、気になるファイトマネーに関しては

昨年のメイウェザーがあのエキシで

10億円を稼いだことが話題となりましたが

 

やはり、ある程度の額を提示しないといけなくなるわけで

いくら海外に向けてアピールしてPPV売ろうが

大変なことになると思いますけどね、、

 

2019年の1月19日の防衛戦で約11億円

2015年のメイウェザー戦では約184億円稼いじゃってますから

 

まとめ

ということで、今回は

RIZINと何らかの契約の合意に至った

マニー・パッキャオ選手のRIZINでの動向について

色々と考えてみました

 

まあ今後どんどん情報が出てくるとは思いますが

個人的には、堀口選手のONE参戦とベラトール参戦

それをやって欲しいところです

 

那須川天心に勝ったら1000万円の日程や応募条件!プロ禁止でルールは?