Sponsored Link

車中泊でエアコンを使うとバッテリーは上がる?エンジンへの負担は?

道の駅等を利用した車中泊が

近年注目を集めていますが

その中で気になってくるのが

 

夏のとにかく暑い日、そして冬の寒い日など

エアコンを利用して良いのかどうか

 

またエンジンをかけたまま

エアコンを利用した場合、バッテリーは大丈夫なのか

といったことではないでしょうか?

 

ということで、今回は

車中泊におけるエアコン使用による

バッテリーへの影響等を解説していこうと思います

 

エアコンかけたままだとバッテリー上がっちゃう?

車中泊をする際

エンジンをかけたままのいわゆるアイドリング状態で

エアコンを使用した場合

 

バッテリーが上がってしまうのかどうか

何時間くらいなら大丈夫なのか、と

気になるところですが

 

基本的にエアコンは

エンジンを動かすことによって稼働していますので

※電気自動車やハイブリッド車では異なる場合があります

アイドリング状態でエアコンを使用したからといって

すぐにバッテリーがあがるということはありません

 

しかし、走行中と違い

アイドリング状態では発電量が少なくなるため

エアコンを長時間使用するとなると

バッテリーに十分充電できない状態が続くということですので

 

当然、バッテリーの劣化具合によっては

すぐにバッテリーが上がってしまうこともありますし

エンジンにも相当の負荷をかけてしまうことになります

 

ですので、特段の理由がない限り

長時間のアイドリング状態での

エアコンの使用は止めましょう

 

アイドリングは条例違反?マナー違反?

実は、アイドリング自体が多くの自治体において

条例違反となることがほとんどです

 

詳しくは皆さんがお住いの地域や

車中泊を考えておられる地域の自治体の

ホームページ等から確認していただくと良いのですが

 

そもそもの話

エアコンを使用するにしても何にせよ

アイドリング状態で道の駅だろうが何だろうが

長時間車を止めておくのはマナー違反です

 

排ガスや騒音の問題で

車中泊自体が今問題視されてもいます

 

さらに、当然ですが

環境的にも非常によくないですし

エンジンとエアコンをかけたまま

車中泊をして一酸化中毒になった、なんて

事故も多発しています

 

やはり、車中泊をするのであれば

夏でも冬でもそれぞれ対策をしっかりしたうえで

マナーやルールを守り行うようにお願いします

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ということで、今回は

車中泊の際、エアコンを使用したまま

一晩過ごしたりするとバッテリーは

上がっちゃうのか、どうかについて

解説してみました

 

一応、エンジンを動かしているわけですから

バッテリーの状態にもよりますが

すぐに上がってしまうということはないでしょう

 

しかしながら、アイドリングは

かなり周囲に迷惑をかける行為ですし

それがもとで現在多くのトラブルが

報告されてもいます

 

というか、何を勘違いしたか道の駅でテントはったり

騒音や排ガス問題があったりとで車中泊自体が

禁止されるようにもなってきていますので

 

楽しく、車中泊をしたいのであれば

そのあたりのマナーをしっかり守ったうえで

行うようにしたいですね

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ