今のサッカー日本代表のキーとなる

プレーヤーと言えば1人は間違いなく中島翔哉選手

そして、そんな彼らの力をより引き出すことのできる選手と言えば

半端ないでお馴染みの大迫勇也選手でしょう

 

そして、そんな彼の代名詞と言えばポストプレー!

でも、ぶっちゃけ何となくで使っている言葉で

その意味を知らなかったりしますよね笑

 

ということで、今回は大迫選手で話題の

サッカーのポストプレーについて解説していこうと思います

 

サッカーのポストプレーとは?大迫選手の凄さを解説!

サッカーにおけるポストプレーとは

攻撃の際、最前線でボール受け、相手ディフェンダーを背負い

ボールをキープし(ためを作るなんて表現もされます)

攻撃の起点を作るプレーのことです

 

これは前線にいる選手なら誰しもすることが出来るので

必ずしもフォワードの選手しか出来ないというわけではないのですが

やはり、1トップで置かれるフォワードの選手が

その役割を担うことが多いですね

 

特に現サッカー日本代表のプレーを見ているとわかる通り

大迫選手が1トップのポジションにいるのですが

そのままボールを受けてシュートというシーンだけではなく

 

ボールをもらった大迫選手が前線でボールをキープしながら

南野選手や堂安選手、中島選手らがあがってくるのを待ち

新たな戦術に繋げるというシーンも度々目にされたと思います

 

ですので、結果として

大迫選手の場合はやや自身の得点力が低かったりする反面

アシスト、起点になる動きが非常に多いため

代表においても、所属クラブにおいても

評価の高い選手となっています

 

ポストプレーヤーに求められる能力

現在サッカー日本代表においては

ポスト大迫選手(表現ややこしいですね笑)探しに

躍起になっているわけですが

 

どういった選手がポストプレーに

向いているのかと言いますと

 

まずは、フィジカルが求められます

得点源をガンガンに削り潰してくる

相手DFを背負ってのプレーですので

そのプレッシャーに耐えうるフィジカルが

必然的に必要となってきます

 

大迫選手なんかは、高さ的にはそこまでですが

体幹の強さと体の入れ方の上手さでそれをカバーしています

これはドイツで長くプレーしている賜物でしょう

 

次にトラップ能力も重要ですね

前線でボールを受けると当然すぐ相手DFに詰められますので

ボールが上手く収まらないのでは話になりません

 

この点、大迫選手は皆さんご存知の通り

後ろ向きのボールめっちゃトラップ出来ますので

まさにポストプレーの適任者ということなのです

 

で、忘れられがちというかそれ以外のインパクトも強いため

人によってはそんな印象がないと思われるかもしれませんが

大迫選手の前に日本代表でポストプレーの

役割を担っていたのが本田圭佑選手です

 

全盛期の彼は、本当にフィジカルモンスターで

ためは作れてゲームは作れてコントロールして

さらに、自身でもしっかり点を獲ってくるという

化物っぷりでした

 

そう考えると、なかなか日本代表に

ポストプレーが得意な選手が出てくるってことは

難しいんですよね

 

それなのに、どう考えても前線に抜け出して

ゴールを決めるストライカータイプの鈴木武蔵選手や

鎌田選手らに同じ事させようとしてますからね

この点が全く意味わかりません笑

鈴木優磨選手の成長に期待ですかね

 

スポンサードリンク

ポストプレーが上手い有名選手

世界を見渡せば、それこそ前線でフィジカルがあって

技術があって高さがあってなんてことは当たり前なので

ポストプレーを得意とする選手は多いわけですが

完全に個人の趣味となるのですが何人か紹介していきましょう

 

ズラタン・イブラヒモビッチ

元スウェーデン代表、現在はアメリカでプレーする

優勝請負人とも称されるイブラヒモビッチ

2メートル近い身長と100キロ近い体重で

大きくてうまいという異次元の選手

彼に関しては、短くまとめることが出来ないので

これ以上は書きません笑

 

ロメル・ルカク

日本代表とも対戦したベルギー代表で

マンチェスターユナイテッド所属のルカク

彼も身長190以上、体重90以上のモンスター

クラブでは調子を落としていますが

やはり、凄すぎです

 

オリヴィエ・ジルー

フランス代表としては2018ワールドカップも制し

プレミアリーグのチェルシーでプレーする彼

身長190以上且つイケメンで有名な彼ですが

実は得点力が低いことをつっこまれたりします

ただ、ポストプレーヤーとしての献身性、能力が

優れているためなくてはならない選手です

 

ハリー・ケイン

現イングランド代表キャプテンで2018W杯得点王

トッテナム所属で2年連続の得点王を記録したりと

イングランドの今を象徴するような選手

2018年度は選手としての市場価値が1位に選出されるなど

まさにこれからを担う25歳

身長はもちろん高くて188センチです

 

その他には、スペインのラ・リーガで暴れている笑

ジエゴ・コスタやルイス・スアレスなんかも

実は、ポストプレーが得意だったりします

 

まとめ

今回は、サッカー日本代表の試合で

度々話題にあがるポストプレーについて解説してみました

改めて、大迫選手の凄さを

実感していただけたのではないでしょうか?

 

まあ、日本代表でポスト大迫選手を探したいんだったら

初めからその役割を担っている選手を

試してあげたらいいのと思うのですが、、

ジュビロの小川選手とかどうなんですかね?

 

今後は是非、ポストプレーヤーたちが

どんな働きをしているのかにも注目して

サッカーを楽しんでみてください

 

チャンピオンズリーグの出場条件や資格に参加国!地上波テレビはある?

中島翔哉の欧州4大やPSG移籍の可能性を契約期間や年俸から推察!