Sponsored Link

台風12号はなぜ西に進む?原因は寒冷渦で今後の進路予想図は?

今年2018年の夏は猛暑が

日本列島に襲い掛かってきているわけですが

そんなことはお構いなしにやってくるのが台風

 

台風12号が7月29日あたりから猛威を振るい

強風、大雨と注意の勧告がされていますが

何やらこの台風の進路がおかしいと話題になっています

 

ということで、今回は

その台風12号がなぜ西向きに進路をとっているのか

その後どういった進路をとるのか解説していこうと思います

 

台風12号はなぜ西に進むの?

台風と言えば、何となくですが

日本列島を西から東に進行するイメージを

持たれている方も多いと思います

 

実際、よくある台風の進路としては

沖縄、九州地方を経て本州、そして北海道の方へと

途中でそれちゃったりすることや

もちろん西向きに進むこともありますが

西から東というのが一般的ではないでしょうか?

 

しかしながら、今回の台風12号は

気象予報士さんたちの予想を大いに裏切り

急に西側方向へと進み始めたということで

一体なぜなのか注目を集めています

 

 

寒冷渦の影響

これにはいくつか理由があるそうで

通常は西から東へと吹く偏西風の影響で東へ進むのですが

今回の台風においては、東海沖に

この偏西風から寒気が切り離された

寒冷渦というものが発生しており

 

この寒冷渦が台風と同じく

反時計回りの渦となっているために

北上してきた台風はこの寒冷渦に巻き込まれるような形で

西へと進路をとってしまうのだそうです

 

さらに、この寒冷渦は

停滞したり動く方向もさまざまで

動きがなかなか読みづらいそうです

 

高気圧の影響

さらなる要因としては

朝鮮半島や北日本を覆っていた高気圧が

依然として勢力を保ち続けており

南側へと出っ張て来ているため

 

もし寒冷渦が発生しなければ

台風は高気圧を避けて進行していきますので

その間を北上していくのが普通なのですが

 

今回は、寒冷渦の影響で西へと進み

さらに朝鮮半島側の高気圧を避けるように

真西へと進んでいったというわけなのです

 

https://www.asahi.com

 

スポンサードリンク

 

まとめ

今回の台風12号がなぜ西に進むのかは

偏西風より切り離された寒冷渦というものに

巻き込まれることになったこと

 

そして、朝鮮半島側の高気圧を避けるように

台風が進路をとったからということでした

 

今後の進路予想としても

九州地方まで横断していくようですので

皆さん十分にお気を付けください

 

※追記

新たに入ってきた情報によると

なんと、九州南部あたりでループするのでは?とも

予想がされています

 

 

とにかく、最新情報をチェックして

しっかり対策をとるようにしてください

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ