Sponsored Link

天神祭奉納花火2018!有料観覧席の発売日や値段に購入方法!

天神祭と言えば

東京の神田祭、京都の祇園祭とあわせて

日本三大祭りの一つにも数えられるわけですが

 

やはり皆さん特に気になるのは1ヶ月続く

お祭りのクライマックスとなる本宮での花火大会

 

ということで、今回は

天神祭奉納花火2018の有料観覧席の発売日や

値段であったり、どこで買えるのか購入方法を

紹介していこうと思います

※有料観覧席情報追記しました

 

天神祭奉納花火2018の開催日程・時間

天神祭の最後を締めくくる

本宮における奉納花火となっていますので

日程はもちろん毎年同じで

 

開催日程 2018年7月25日(水)

開催日時 午後7時~9時

雨天決行、荒天中止で順延はありません

 

開催場所 大阪府大阪市北区天満橋大川一帯、川崎公園、桜之宮公園

 

アクセス

JR桜ノ宮駅西口から桜之宮公園沿いを南へ徒歩2分

京阪鉄道・大阪市営地下鉄天満橋駅から徒歩5分

 

とにかく混雑する天神祭りの花火

交通規制等もあり、また駐車場もありませんので

公共交通機関を利用するのがおすすめです

 

 

有料観覧席の発売日や購入方法!追記あり

例年130万人もの人で賑わう花火大会ですので

ゆっくり落ち着いて花火を鑑賞するには

有料の観覧席を購入するのがおすすめとなっています

 

【陸渡御観覧席】

料金 お一人様/おとな・こども共 5,000円(ソフトドリンク1本、天神祭ガイドブック付)

場所 中央公会堂横(なにわ橋)の特設会場

陸渡御の列が目の前で見られる特設会場

 

【天満橋船渡御観覧席(SS席・S席・A席)】 

料金 お一人様/おとな・こども共

SS席10,000円、S席8,500円、A席6,000円

大阪名物を詰め込んだ「ビリケン弁当付(売店利用券300円付)」

SS席11,500円、S席10,000円、A席7,500円

※渡御解説書、虫除けグッズ、ソフトドリンク1本、天神祭ガイドブック付

場所 天満橋駅すぐ

船渡御の船列と奉納花火を川岸から間近で見られる

一般の方が入ることのできない場所に設置した特設会場

 

【OMM観覧席】 

料金 お一人様/おとな・こども共 18,000円

※特製弁当、ソフトドリンク1本、天神祭ガイドブック付

場所 OMM21階の屋上の観覧席

 

【桜之宮船渡御観覧席】

料金 お一人様/おとな・こども共 16,000円

(特製弁当、天神祭うちわ、渡御解説書、虫除けグッズ、ソフトドリンク1本、天神祭ガイドブック付)

場所 毛馬桜之宮公園

 

チケットお問い合わせ先

JTB 大阪第一事業部

TEL 06-6252-2513 (担当:太田・徳田・石垣)

営業時間 9:30~17:30 (土・日・祝日休業)

 

販売場所・購入方法

全国のJTBグループ各店、オンライン旅行予約サイト「るるぶトラベル」

コンビニエンスストア(ローソン、ミニストップ、セブンイレブン、

ファミリーマート、サークルKサンクス)、チケットぴあにおいて

販売されます

 

それぞれ値段も発売日も異なってきますので

詳しくは天神祭りの公式サイトをご確認ください

 

ちなみに昨年は、天神祭 陸渡御・船渡御

特別観覧席チケットは5月19日発売開始でしたので

それくらいの時期が来たら公式サイトを

確認されてみるといいですね

2018年度の観覧席の発売日が

5月18日と発表されました

天神祭情報2018

 

また、こちらの有料観覧席のチケット

見てわかるとおり他の花火大会のそれと

比べましてもやや高めの値段設定となっていますので

即日完売とはなりにくいので焦らなくても

大丈夫かもしれません

 

また、上記のような観覧席のほかにも

船での鑑賞券であったり、帝国ホテルから

販売されるものなどもありますので

あわせて確認してみてください

 

ただし、さらにお値段は高くなっていますので

覚悟が必要です笑

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ということで、簡単にですが

天神祭奉納花火2018の有料観覧席の発売日や

購入方法について紹介してみました

 

有料席はちょっとお高めですが

砂浜自由席あたりはおすすめですね

 

こちらの記事もどうぞ↓

淀川花火大会2018!有料席の発売日はいつ?値段やおすすめも紹介!

みなと神戸花火大会2018!有料席の発売日や値段に購入方法は?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ