Sponsored Link

tmpファイルとは何?削除しても大丈夫?【簡単解説】

日々パソコンを使用していますと

いつのまにやら自身では作成した

覚えのない全く意味不明のファイルが

 

勝手にフォルダ等の中に作られていて

何だこれは?なってしまうことありますよね

 

実際問題、邪魔なので削除してしまいたいけど

もし、何か重要なもので削除したせいで

パソコンやソフトが使えなくなったりするのかが

気になってどうしたら

 

そんな意味不明のファイルの中から

今回はtmpファイルについて、一体何なのか?

削除しても大丈夫なのか、など解説していこうと思います

 

tmpファイルとは何ぞ?

tmpファイルのtmpとは

英語のtemporary(テンポラリー)の略で

つまり、「一時的な」という意味を指します

 

では、tmpファイルとは何ぞや?ということですが

これは、皆さんのパソコンの中に入っている

ソフトやアプリが作業をする中で

一時的にデータを保存しておくために

作成するファイルとなります

 

通常は、ソフトやアプリなどが

作業を終えた際にそのtmpファイルも

削除してくれるのですが

 

たまにアプリなどが強制終了した場合や

バグや不具合などで削除されないまま残ってしまうので

ダウンロードなどしていないのに

急に現れたように感じるわけなのです

 

tmpファイルは削除しても大丈夫?

tmpファイルは基本的に

重要なものは入っておりませんので

削除していただいても全く問題はございません

 

tmpファイルは、そのアプリなどが実行中の場合に

削除してしまうと不具合を起こす可能性があるのですが

 

そもそも、そういった場合は

~によってファイルは開かれているため

操作は完了できません、といった

メッセージが表示され削除できない

仕様となっています

 

むしろ、tmpファイルに関しては

勝手に作成されて削除されないまま

残っていることも大変多いため

 

容量の少ないパソコンをお使いの場合は

かなり重くなってしまうこともあるため

削除することをおすすめします

 

スポンサードリンク

 

まとめ

tmpファイルは

パソコンのソフトやアプリが便宜

一時的に作成したファイルで基本的に

削除しても問題はないということでした

 

通常はそういったアプリなどが

削除もしてくれるのですが

たまに削除されずに残って

容量を圧迫することもありますので

削除しちゃっても良いでしょう

 

私の場合は

フォルダの中にあると邪魔でしかないので

削除しまくってます笑

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ