Sponsored Link

【東京五輪マスコット】なぜ小学生が決めるの?理由やパクリ疑惑?

東京五輪、パラリンピックのマスコットの最終候補が公表され

さっそくあれが良い、これが良いと話題になっていますね

 

東京五輪に関しては、エンブレムの盗作疑惑や

ボランティアの服がダサすぎる笑など様々な問題がありましたが

今回のマスコットに関してももしかすると皆さん

何か思うことがあるかもしれません

 

そこで、今回は東京五輪、パラリンピックのマスコット最終候補について

なぜ小学生が決めるのか?その理由であったり

マスコットかわいいけど、あれそっくりだよねといった

疑惑について迫っていこうと思います

 

東京五輪のマスコットなぜ小学生が決めるの?

今回の東京五輪・パラリンピックのマスコットの最終候補の発表とともに

最終的にどのマスコットに決定するのかを小学生が決めるということも

報じられ驚かれた方もいるかもしれませんね

 

実際選考委員会以外の一般人がそれも小学生が決めるというのは

初めてのことらしいのですが

 

子供達にマスコットを選んでもらうことにより

オリンピック・パラリンピックについて学んだり、知ってもらう

きっかけになれば、ということらしいです

 

もともとから、マスコット選定にあたっては

子供達の意見を取り入れる方向で検討されていましたので

それが実際に実現された形となります

 

その他、審査会メンバーの一人であの日本を代表する

漫画家鳥山明先生をとことんまで追い込んだことでも有名な笑

マシリトこと鳥嶋和彦さんも

 

「世界で一番厳しい目を持った子どもたちがいるキャラクター王国として、最適なものを選ぶことができればと思っています。そのための方法論を今日一生懸命議論しました。楽しみに待っていてもらえればと思います。」https://tokyo2020.jp

 

といった、ことをおっしゃられています

要するに、子供たちにオリンピック、パラリンピックを知ってもらうこと

そして、これからの未来を創造する若い感性で選んでもらいたい、ということですね

 

まあ、個人的には多少エンブレムの時のような

偏った選考にならないための配慮かな、とも思ったりもしました

 

ちなみに、最終選考方法や流れとしては

今月12月11日から来年2月22日まで全国約2万1千の小学校の

クラスごとに1票を与える形で投票が行われ

最多投票の採用作品が2月28日に発表されるそうです

 

スポンサードリンク

 

東京五輪マスコットにパクリ疑惑?

さて、今回発表された東京五輪マスコットの最終3案なのですが

過去の他の都市の悲惨なまでのセンスのないマスコットたちに比べると

どれもかわいくて、甲乙つけがたいといった印象を受けたのですが

 

皆さん、感じられていますよね

そう、何とも言えない、圧倒的、既視感!!

 

https://tokyo2020.jp

 

もう、はっきり言いましてどれもめちゃくちゃかわいいですし

日本の文化やかわいいを取り入れていて良いと思うのですが

 

散々、言われていますように、新ポケモン?デジモン?妖怪ウォッチ?

ゆるキャラグランプリ?っていうか、ポンタいるよね?といった感じで

 

https://twitter.com

 

もちろん、それぞれのデザインに意味が込められる

完全オリジナルのパクリでは全くないのですが

日本古来とは言え、タヌキとキツネって化かすって意味合いもあったり

正直、新鮮味がないといった意見も聞かれます

 

個人的には、従来五輪のマスコットは

先述しました通り、はっきり言ってセンスの欠片もない

もっと言うと気持ち悪いのも多かったのですが

それも五輪マスコットの味かなと思ったりで

ちょっとコイツが懐かしかったりもします

 

 

まあ、何はともあれ若い小学生たちの感性に任せましょう

 

まとめ

ということで、今回は東京五輪のマスコットを

なぜ小学生が決定するのかについてまとめてみました

 

キャラクター的にはどれも映えると思うので

グッズとかかわいらしくなりそうで楽しみです

 

こちらの記事も良かったらどうぞ↓

東京五輪マスコットの作者・デザイナーに名前は?選考委員に忖度疑惑?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ