TSUTAYAの格安スマホTONE

最近ではCMも多く見るようになり

力を入れていることがうかがえますね

 

そんなTONEモバイルの売りの1つと言えば

1000円~スマホが持てるというもので

しかも、データ通信容量が無制限つまり

パケ放題ということで話題になっています

 

ですが、結局そんだけ安いのには理由や

デメリットがあるんじゃないの?と思いますよね

ということで、今回はTONEのパケ放題や

通信速度について解説していきます

 

TONEは本当に1000円でパケ放題?

格安スマホのMVNOでは、基本的に容量ごとに

1GB、3GB、5GBといった具合にプランが分けられて

料金が設定されているのが普通なのですが

このTONEは、プランはたった1つの月額1000円の基本プランのみで

データ通信容量無制限、IP電話が使用でき、サポートが無料という

少し特殊なサービスとなっています

 

そして、本当に1000円でパケ放題なのか?ということについてですが

パケ放題には関してその通りで、その他に090/080等の電話番号やSMSを

使うためのオプションであったりをつけていく形となります

 

結局オプションを付けちゃうので多少割高に感じられるかもしれませんが

上記の音声通信とSMSのオプションを追加しても2500円もかかりませんので

データ通信容量が無制限であることを考えると妥当といったところでしょうか?

 

通信速度はやっぱり遅い?

TONEは1000円定額のパケ放題という圧倒的な魅力があるのですが

安いのには理由があるのでは、ということで

デメリットとして挙がってくるのが通信速度です

 

TONEで公表されているその速度が500kbps – 600kbps程度

これを他のMVNOでもいわゆる高速通信としてではなく

低速の使い放題として提供しているプランと比較すると

楽天モバイル、DMMmobileで200kbpsとなっていますので

まあ、そのあたりの低速プランと比べると数字的には大きく見えますが

やはり、一般的な高速通信プランと比較すると

500倍からと速度が変わってきますので注意が必要です

 

TONEで何ができる?

では、具体的に、TONEの通信速度で何ができて何ができないかと言いますと

例えば、LINEなどでメッセージのやり取りをするのには問題はなく

ネットサーフィンがちょっと重いかな

動画を見るのには厳しい、といった感じでしょうか?

 

かなりざっくりとした表現となりましたが

公表されている速度も回線の込み具合によって変化しますので

これくらいでとらえてもらえたらと思います

また、「高速チケットオプション」もありますので

不安のある方はこちらも検討してみるのもいいかもしれません

 

まとめ

TONEは、1000円定額でデータ通信容量が無制限の

サービスとなっていますが、通信速度はどうしても遅いので

動画視聴やネットサーフィンをガンガンしたいという方には

ちょっと不向きなサービスとかもしれません

 

ですが、Wi-Fiを中心とした利用や初心者の方

特に子どもに対するサポートやキャンペーンが充実していますので

お子さんに安心してスマホを持たせたいという方には

おすすめのスマホとなっています