Twitterを利用していると

規約に違反した覚えなどもないのに

アカウントがロックされました。と表示され

一切Twitterが使用できなくなることがあります

 

とは言え、そんな使っていたわけでもないし

これを機にアカウントを削除し退会しようという方も

結構、おられるんですよね

 

とは言え、Twitterが使えない状態なので

アカウントを削除しようにもなかったりします

ということで、今回は、Twitterのアカウントが凍結

ロックされた場合の削除方法を紹介しようと思います

 

凍結、ロックされたTwitterアカウントの削除方法!

Twitterのアカウントが凍結やロックされたままだと

アカウントの削除自体が行えない為

まず必然的にロックや凍結状態を解除をしなければいけません

 

自分でロック、凍結が解除できる場合

で、まずロックを解除する方法ですが

ロック自体が一応セキュリティ対策やスパム対策として

とられる措置としては軽く

 

例えば、複数アカウントを作成したや

一度に多くのフォロー行った場合などに

過去にはそれで悪だくみをする方もいたので

念のため、一時的にアカウントがロックされることがあります

 

この場合の解除の方法は簡単で

おそらくログイン画面で携帯電話番号や

メールアドレスを求められていると思いますので

その指示に従ってください

 

すぐに、SMSでTwitterの認証コードが送られてきますので

それを入力したらすぐにロックは解除されます

 

電話番号を削除しておこう!

ここでの、注意点としては

そのまますぐにアカウントを削除するので

問題ないと思われるのですが

 

ロック解除で携帯番号を入力したため

携帯番号の情報が記録された状態となっているので

 

30日間データがTwitter社には保存されることもあり

(だから、この期間内は削除しても復活可能です)

個人的にもちょっと心配だなと思っちゃったりなので

 

Twitter画面の左上のアイコンから

「設定とプライバシー」→「アカウント」と進み

電場番号を削除されておくと良いでしょう

スポンサードリンク

異議申し立てを行う場合、電話番号を入力したくない場合

上記の電話番号による解除という手段が取れない場合や

Twitter社に携帯番号を教えたくない、入力したくない場合などは

「アカウントの凍結またはロックに異議申し立てをする」

ということをしなければいけません

 

こちらの「アカウントの凍結またはロックに異議申し立てをする」

ページに飛んでいただきそれぞれの項目を入力してください

 

 

で、まあ今回の凍結、ロック解除の異議申し立ては

あくまでも正しい使い方をしていた場合に

何もやましいことしてないよ!と訴えるものですので

 

ちょっとbotをたくさん作り過ぎていたり

攻撃的なツイートがあったなんて場合は

解除が難しいかもしれません

 

この場合は、とにかく丁寧に謝り

今後はTwitterのルールを順守する旨を

述べるようにしてください

 

すると、2,3日後にメールが送られてきます

ここでロックや凍結が解除されていればいいのですが

もう一度、電話番号で認証してね!と

送られてくるケースもあります

 

まあ、別にそれ認証してしまえば

一瞬で済みますし、あとから削除すればいいだけなのですが

どうしても、携帯番号を入力したくないという方は

 

やはり、Twitterのルールを破っていない旨

そして、個人情報等が心配なので

電話番号認証なしでロックを解除していただけませんか、と

再び丁寧にメールを返信してみてください

 

特に問題がなければこれで

ちゃんと凍結やロックは解除されるますので

あとは、通常通りの手順でアカウントを削除してください

 

Twitterの規約等は頻繁に変更になりますので

あくまでも解除できる場合があるということを

ご理解ください

 

まとめ

ということで、今回は

アカウントが凍結、ロックされたTwitterの

アカウントを削除する方法を紹介してみました

 

上でも書きましたが

結構Twitter側の対応や対策なども変化してきていますので

必ずしも、同様の手段がいつまでも使えるかどうかは

わからないということだけはご理解ください!