TwitterをスマホやiPhoneで使用する際

位置情報をオンにしますか?と表示され

何の気なしにオンにして使ってはみたものの

位置情報がバレるって怖く感じちゃいますよね

 

その他にも写真にも位置情報が入っているとかで

これでまた居場所がバレるなんて噂もあります

 

今回はそんなTwitterの位置情報について

解説していこうと思います

 

Twitterの位置情報で居場所や自宅がバレる?

Twitterでは自身のツイートに

位置情報を付けて発信することが出来

 

例えば旅行に行った際になどに

そういったツイートをすることで

ちょっとしたアピールが出来たり

 

またTwitter側からあなたの位置情報に適した

トレンドを提供してくれるのですが

 

やはり、普段使いにおいて

Twitterの位置情報をオンにしておくというのは

セキュリティのことを考えると良くありません

 

公開される位置情報は

実際にツイートをする際に自身で選ぶことも出来ますし

正確な場所と言っても、市町村や地区名レベルの

東京都○○区といったものですので

 

例えば、自宅でツイートしたからといって

その場所が正確に特定され自宅が突き止められるなんてことも

ないですし、街中でツイートした際もその居場所を

ツイートだけで特定されることはありません

 

ですが、そんなおおまかな範囲を元に

執着する人がいないとも言い切れませんので

もしものことを考えると、やはり

この設定はオフにしておく方が良いでしょう

 

Twitterの位置情報をオフにする方法

iPhone

ホーム画面から「設定」→「プライバシー」→

「位置情報サービス」へと進み

その中の項目からTwitterを選び

位置情報サービスを許可しないにチェックを入れてください

 

android

「設定」→「アプリ」→「Twitter」へと進むと

このような画面が表示されますので

ここから位置情報をオフにしてください

※下記画面はオンの状態です

 

 

スポンサードリンク

Twitterの画像や写真でも場所が特定される?

Twitterに投稿した写真には位置情報が入っていて

そこから居場所や自宅がバレる危険性もある!

もしかすると、こんな噂を聞かれたことがあるかもしれません

 

確かに、最近のスマホやiPhone、コンデジなどには

写真をどこで撮ったかなどの位置情報やカメラの機種などを

記録機能がついておりExifデータという形で保存されます

 

ですので、Exifデータを確認することが出来るという方は

その画像や写真がどこで撮影されたのかを

簡単に知ることが出来ます

 

で、こう聞くとTwitterの画像とかも

気をつけないな、となるかもしれませんが

これに関しては、元々防犯やセキュリティ面で

問題視されていたため

 

現在、Twitterを始めInstagram、LINEなどの

主要なSNSでは画像を投稿する際に

位置情報が削除される仕様となっていますので

安心してください

 

https://help.twitter.com

 

また、もし位置情報をオンにした状態で

画像や写真を投稿したとしても

もちろん、市区町村名は表示されますが

 

写真のExifデータからおすすめの位置情報が

表示されるだけで、画像投稿の時点で

Exif情報にはアクセスできないようになっています

 

まとめ

今回はTwitterの位置情報について解説してみました

ツイートで表示される位置情報だけで自宅や居場所が

特定されるわけではありませんが

やはり、防犯やセキュリティのことを考えると

オフにしておくことをお勧めします

 

また、写真や画像に保存される

位置情報に関しては投稿する時点で削除されますので

そこから位置情報がバレるということはありません

 

ですが、もちろん写真の風景から居場所は

特定されることもありますので

注意するようにしてください!

 

Twitterのログアウトでデータすべてが削除でアカウントも退会?