Sponsored Link

ユネスコとは何?世界遺産も政治利用?日本も脱退すべき理由!

ユネスコとは何?世界遺産も政治利用?日本も脱退すべき理由!

http://en.unesco.org/

 

今、話題になっているニュースと言えば

アメリカがユネスコから脱退を表明したことではないでしょうか?

 

とは言え、ユネスコとはよく聞きますが

単純に世界遺産を決めている国連か何かの団体?

といったようなイメージしかなかったりしますよね

 

それに、アメリカが脱退するとのことですので

それがもたらす影響にも注目が集まっていますし

さらには、日本も脱退すべきだなんて声もあがっています

ということで、簡単にですが

そのあたりについて解説していこうと思います

 

ユネスコって何?簡単解説!

では、まずそもそもユネスコって何だってところからですよね

ユネスコとは、皆さんお察しの通り?

 

国際連合の専門機関として

主要機関のひとつ、経済社会理事会のもとにおかれた

教育、科学、文化の協力と交流を通じて

国際平和と人類の福祉の促進を目的とした機関です

 

ユネスコ憲章の前文にも

「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、

人の心の中に平和の砦を築かなければならない」とあり

教育や文化振興を通じて戦争の悲劇を

繰り返さないという理念のもと設立されました

 

また、国連の専門機関なのですが

国連とは、別個独立した国際法主体性を持っています

 

正式名称は国際連合教育科学文化機関

英語では、United NationsEducational, 

Scientific and Cultural Organization,と表記され

それぞれ単語の頭文字を取ってUNESCOと呼ばれ

本部は、フランスのパリにあります

 

活動内容は?何をしているの?

教育や文化のための国連の機関の1つと言われても

実際に何を行っているのかわかりませんよね

 

ということで、その活動内容について

現在重点的に推進する目標をざっくりと説明していきますと

以下のようなものが挙げられます

 

  • 識字率の向上や義務教育の普及のための活動
  • 世界遺産の登録と保護
  • 文化多様性条約の採択のほか
  • ユネスコ記憶遺産(世界の記憶)事業の実施す
  • 極度の貧困の半減
  • 普遍的初等教育の達成
  • 初等・中等教育における男女差別の解消
  • 危機に瀕する言語の保護などを内容とするミレニアム開発目標

 

戦争の悲劇を繰り返さないという理念の下

教育のための貧困問題、格差を是正していく活動

そして、文化としての教育、言語を絶やさない為の活動

文化保護のための世界遺産、記憶遺産事業が

主だったものとして挙げられています

 

政治利用で実は形骸化している?

さて、大変立派な目標の元に

2014年時点で195カ国が加盟し

連携メンバーとして9地域が参加しているユネスコ

実は、問題だらけだったりするのです

 

ここまでの大きな組織ですので

1980年代には、不適切な財政管理からのトラブル

そして、徐々に活動が政治的なものとなって行き

当時のムボウ事務局長が反米的とも言える

報道の自由を制限しようとする動きもあり

 

先進国、発展途上国間での対立を

生み出すことになってしまいました

 

こういった経緯から

1984年には一番お金を出しているアメリカが

1985年には、イギリス、シンガポールが相次いで脱退しました

そう、実は、アメリカ前にもユネスコ脱退していたのです

 

その後、当たり前ですが存続の危機に立たされるのですが

日本が結局全体の4分の1にも及ぶ拠出金を出し

マヨール事務局長、そして日本の松浦事務局長により

政治的偏向や報道の自由に対する問題や

管理運営について大きな改革がなされ

1997年にイギリスが、2003年にアメリカが復帰することとなりました

 

スポンサードリンク

 

アメリカ、ユネスコやめるってよ!

そして、再びアメリカがユネスコを脱退すると表明

その理由としては、やはり上記に挙げたような

ユネスコの運営が終わってる、腐ってる!ってことや

お金がめっちゃかかるし、反イスラエル的スタンスには反対というもの

 

2018年12月21日付でアメリカは脱退となるので

その影響が気になるところですよね

 

で、言ってしまいますと

アメリカ脱退による政治的、国際関係的な影響を除きますと

ユネスコの運営自体には、一応問題ないと思われます

 

でも、一番お金出しているアメリカが脱退すると

運営も大変になるだろうし、日本がまた一番負担がかかって

大変になるんじゃないのと思われるかもしれません

 

ですが、2011年にオバマ大統領がパレスチナの

正式加盟を受けて分担拠出金を停止しており

日本がずっと1番お金を出してきているのです

ですので、もちろん対応に追われることになると思いますが

現状どうこうという問題ではないと思われます

 

日本も脱退すべき?

もしかしたら、多くの日本人の方もそう思われているかもしれません

理由としては、多額の分担拠出金の問題もありますし

やはり、なんと言っても政治利用されていることだと思います

 

近年では、世界記憶遺産の登録をめぐり

中国や韓国の南京大虐殺や従軍慰安婦問題の資料が

申請され、南京大虐殺は登録されましたからね

 

そして、またその審議についても不透明かつ不公平で

なぜか中国側の主張だけが通るというもの

もはや、教育や文化のための機関と言えるのか

まったく持って意味がわからないです

 

で、さらに言えば

国連自体も不祥事が多いですし

韓国出身の第8代国連事務総長の潘基文さんは

中立的立場を無視し日本批判をし問題になりました

 

日本も、そろそろ色々と考える時期が

来たといえるのではないでしょうか?

 

まとめ

ということで、簡単にですが

ユネスコやそれにまつわる諸問題についてまとめてみました

本当に、ざっくりとした説明ですし個人的な意見も含んでいますので

さらに知りたいという方は、文献等をあたってみてくださいね

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ