最近、世間を騒がせているニュースといったやはり

ホワイト国の問題ですよね!何やら韓国で日本に対する反発も大きくなり

各地で日本製品の不買運動が叫ばれたり、日本大使館に対して

過激な抗議が行われてもいるそうです

 

でも、何かわかった気になったつもりでいるのですが

実は、肝心のホワイト国って何か知らなかったりしませんか?

ということで、今回はその世間を騒がせているホワイト国について

簡単にわかりやすく解説していこうと思います

 

ホワイト国とは?簡単にわかりやすく解説します!

ホワイト国の話題に関しては

韓国への輸出規制問題と同時に取り上げられていることに

皆さんも気づかれているかもしれませんが

まさに、その国家間の貿易管理、特に輸出に関する

問題と深くかかわりがあるのです

 

日本では、この輸出に関して

キャッチオール規制という、世界の平和を脅かすような

製品等の輸出を経済産業大臣への届出と許可を必要とするような

厳しい制限、管理をする制度をとっているのですが

 

ホワイト国とは、そんな日本と同じように

キャッチオール規制を導入し武器や兵器に転用される

恐れがあるものの輸出を徹底的に管理している国のことを言います

 

あくまでも、日本政府が同様の制度を

持つ国への呼称となっていますので

日本視点からだと日本はホワイト国ではありません

 

ホワイト国一覧

2019年6月時点では27か国がホワイト国の対象となっています

 

ヨーロッパ アイルランド イギリス イタリア オーストリア オランダ
ギリシャ スイス スウェーデン スペイン チェコ
デンマーク ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド
フランス ブルガリア ベルギー ポーランド ブルガリア
ポルトガル ルクセンブルク
南北アメリカ アメリカ アルゼンチン カナダ
アジア・オセアニア オーストラリア ニュージーランド 韓国

 

これらの国家間においては、厳格に輸出の管理をしているので

信頼できる安心だということで、キャッチオール規制の対象外となり

言ってしまえば、規制としては緩やかなものとなり

輸出における優遇措置とも言うことが出来ます

 

つまり、キャッチオール規制と言うのは

未だ輸出管理が徹底されていなかったり

武器や兵器への転用の可能性が疑われていたりする

非ホワイト国への対策を強固にしようということですね

 

だって、現在進行形で日所に強力な武力で武装している

国や地域も多数ありますし、テロなどが当たり前といった

国々も非常に多く存在するわけですから

そういった国々に簡単に物資を提供することは出来ません

 

なぜ韓国はホワイト国を除外されるのか?

さて、ホワイト国と言うのは

日本が兵器や武器への転用の恐れのある

世界の平和や安全を脅かす製品等の輸出を

徹底的に管理している国への呼称ということでしたが

 

そこで今まさに問題になっているのが

日本がお隣の韓国をそのホワイト国の対象から

除外する動きを見せているということですね

 

日々悪化する国家間の関係で

今回の日本政府の対応は安全保障上の理由をあげているわけですが

もう少し正確に言うならば

 

北朝鮮へ(もちろんそれ以外の国へも)兵器や

原爆、ミサイルなどの原資となる物資を横流ししていると噂される

韓国への制裁と言えるでしょう

 

だって、韓国側が兵器への転用が可能な物資についての

使われ方とかを明かさないんですもん、というか

輸入した物資をこれこれにこんだけ使いましたという

データが一致していなかったりとでそもそも管理が杜撰なのです

 

レーダー照射問題や瀬取り問題等ありましたが

おそらく最低でもこのころあたりからはこういった措置をとることが

検討されていたのではないでしょうか?

瀬取りとは?韓国や北朝鮮との関係にレーダー照射問題にも関与?

 

その他、今回の規制対象となる物資の中でも

兵器転用の恐れのあるレジスト、フッ化水素やフッ化ポリイミドの

3品目は自国での製造が出来ないこともありますし

かなり多くの割合で日本に依存していることになりますので

 

当然、北朝鮮との関係性も変わるでしょうし

何より、普通に電子機器や電化製品などを作ることが出来ずに

韓国経済に大きなダメージを与えることにも繋がります

 

さらに、言うなれば

ホワイト国除外という事実は他のホワイト国からしてみると

平和を脅かす存在になりつつあるのでは等と思われたりと

対日本という関係だけではなくなるという

非常に大きな影響を持っていたりします

 

ですので、韓国側もホワイト国除外に関しては

非常に強いスタンスを見せていますし

日本のニュースでも連日取り上げられるというわけなのです

 

スポンサードリンク

まとめ

ということで、今回は

今話題となっているホワイト国について解説してみました

 

韓国がホワイト国から除外されても

解説しました通り、規制が厳しくなるだけで

経済産業大臣の許可を得れば大丈夫なわけですが

 

それでも強い反発を見せるというのは

噂される北朝鮮への物資の横流しが滞るという

事実を証明しているとも言えるかもしれません

 

まあ、日本のメディアがなぜか韓国側のスタンスで

報じていたりすることも多いため、菅官房長官からは

輸出規制ではなく、輸出管理だ!とたしなめられていましたが笑

 

正式に韓国のホワイト国除外が決定したわけではありませんので

今回得た知識をもってしてニュースを追ってみてください!