Sponsored Link

山尾志桜里はなぜ当選?豊田真由子との違いや無効票での再選挙は?

衆議院解散に伴う総選挙は終わりましたが

各政党の状況が相変わらずごたごたしておりまして

野党はまさに何がしたかったのかわからなくなっておりますが

 

そんな様々な議論を呼んでいる選挙において

私たちを驚かせたことの1つが山尾志桜里さんの

当選ではないでしょうか?

 

私自身も見事に予想を外してしまいましたので

なぜ、今回山尾志桜里さんが当選できて

また豊田真由子さんが落選してしまったのか

そして、さらに現在問題視されてる大量の無効票について

解説していこうと思います

山尾志桜里の再当選確率に対立候補!選挙区や民進党次第で落選?

 

なぜ山尾志桜里さんは当選したの?

いくつか要因が挙げられると思うのですが

まず、当選確率についての記事でも申しましたとおり

 

愛知7区は、毎回自民党との一騎打ちを繰り広げる

激戦区でもある選挙区なのですが

実際問題、連合からサポートが大きく

民主系、反自民という勢力が大変力を持っており

 

山尾さんにスキャンダル疑惑があったことゆえ

全面的なサポートや支持を受けられなかったのですが

それでも、自民に入れるくらいなら、という票が

僅差の勝利をものにしたのではないでしょうか

 

また、共産党が独自候補を立てなかったことで

より、その色が濃く反映されたのではないでしょうか

 

平たく言うと、自民は嫌いだから

それ以外ってことで選ばれたんでしょう

 

豊田真由子さんとの違いは?

選挙前は、「このハゲーーー」発言が受け

学生さんたちからはサインだの写真だの、と

大人気になったのですが

やはり、それは選挙に結びつくものではなく

落選という結果となってしまいました

 

あえて、山尾議員との違いを挙げるとするならば

山尾議員はかなりのグレーだと思うのですが、あくまでも疑惑で

豊田さんの場合は、パワハラや暴言が事実ということで

完全に、議員としての、さらに言えば人としての

資質を見抜かれてしまったということでしょう

 

また、反自民というスタンスの山尾議員と

その自民党から切られた豊田議員ということで

選挙結果に違いが出たのかもしれませんね

 

スポンサードリンク

 

愛知7区】大量の無効票、再選挙の可能性

で、今世間を賑わせている問題が

愛知7区での大量の無効票問題

 

愛知県の選挙管理委員会の発表によると

投票総数26万6783票のうち無効票は1万1291票

愛知県の他の選挙区の無効票が3~6000票ほどなことに対し

 

山尾議員、そして彼女と一騎打ちを演じた末

敗北したものの比例で復活当選を果たした鈴木淳司議員の

二人しか出馬していない選挙区であるのにもかかわらず

無効票の数が明らかに多いことが注視され

 

選挙の翌日から、愛知県の選管には

問い合わせの電話が殺到しているようです

 

で、これに関しての見解を述べさせていただきますと

まず、開票作業には両陣営の立会人がその場にいるので

票の操作であったり、陰謀説のようなものはありえません

 

無効票が増えてしまった理由としては

噂では、ガソリーヌやフリンセス、などなど

おふざけの投票がかなり多かったと言われており

とにかく、山尾議員に対する抗議のような文言等が

鈴木議員に対しても、名前をもじって遊んでみたりと

 

選挙自体に対する、反発の声も

あったのかもしれません

 

再集計や再選挙の可能性は?

とは言え、やはり無効票が明らかに多いので

再集計をしてはっきりさせるべきだと言う声が多いです

 

が、開票作業において立会人は、了承の印押し

事前に確認が取れているために

再集計などが行われる可能性は極めて低いです

 

現在、鈴木議員陣営はこの事態を受け

法的措置も含めて検討中とのことですので

何かあるとしたら、鈴木議員側の動き次第でしょう

 

まとめ

簡単にですが、今回の総選挙において

山尾志桜里議員がなぜ当選し、豊田真由子さんが落選してしまったのか

また、大量に発生した無効票について解説してみました

 

あ、山尾議員、大方の予想通り

立憲民主党に入られるそうですね、、、

 

立憲民主党のメンバーって誰?比例名簿順位に立候補者や蓮舫さんは?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ