Sponsored Link

淀川花火大会2018!有料席の発売日はいつ?値段やおすすめも紹介!

PLと並ぶ大阪の花火大会と言えば

やっぱり、なにわ淀川花火大会ですよね

大阪のみならず関西屈指の人気花火大会ということで

毎年40万人を越える観覧客で賑わいます

 

そうなると、やっぱり気になるのは

有料観覧席の情報ですよね

 

ということで、今年2018年なにわ淀川花火大会の

有料観覧席の発売日や値段におすすめの

席を紹介していこうと思います

※2018年度有料席情報追記しました

 

なにわ淀川花火大会2018

開催日程 2018年8月4日(土)開催予定

時間 午後7時40分~8時40分

会場 新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川 河川敷

 

 

2018年なにわ淀川花火大会の有料席の発売日はいつ?

本当に洒落にならないくらいの人出で

ごった返しますので、ゆっくり花火を楽しもうと

思ったら必須となるのが有料観覧席

 

毎年、良い席からすぐさま完売していきますので

買い逃さないようにチケットの発売日を

チェックしておきましょう

 

公式発表では、チケットの販売開始は

昨年と同じく6月1日(金)予定となっていますので

忘れないでくださいね!

なにわ淀川花火大会公式サイト

 

有料席の値段や種類は?

なにわ淀川花火大会と言えば

淀川を挟んで梅田側、十三側の2カ所に協賛観覧席が設けられ

さらに、その種類の多さも特徴の1つだったりします

 

こちらもまだ情報は公開されていませんが

例年通りですと、前売りの有料席は

2018年度情報解禁されました

 

十三会場

エキサイティングシート

大人 9000円 子ども 5000円

 

アリーナシート

大人 7000円 子ども 4000円

 

団体

大人 8000円 子ども 5000円

 

ステージシート

大人 9000円 子ども 5000円

 

パノラマスタンド

ライトスタンド1

大人 3500円 子ども 2000円

 

ライトスタンド2

大人 3500円 子ども 2000円

 

ライトスタンド3

前売り販売なし 大人 4000円 子ども 2500円

 

レフトスタンド1

大人 3500円 子ども 2000円

 

レフトスタンド2

大人 3500円 子ども 2000円

 

レフトスタンド3

前売り販売なし 大人 3500円 子ども 2000円

 

夏ぴあシート

チケットぴあ公式

 

イープラス

イープラス公式サイト

 

JTB

 

左岸会場

梅田会場

大人 4500円 子ども2500円

 

ダイナミックシート

大人 2500円 子ども1500円

 

セブンイレブンシート

 

納涼船

大人 18000円 子ども 10000円

 

スポンサードリンク

 

おすすめの有料席はどこ?

これだけ種類が多いと、はっきり言って

どこの席を選べばいいのかわからなくなりますよね

今年2018年度も昨年と同様の席の配置となるようで

先に紹介した有料席の場所を確認してみますと

 

 

まあ、席の場所や数からみてもらってもわかる通り

まず、ざっくりと人気なのは塚本駅の方から

アクセスしていただける側となっています

 

そして、当然近くの方が良いということで

十三会場の有料席が人気となっており

 

値段が一番高いのにもかかわらず

エキサイティングシートは毎年完売となっています

お金に余裕があるのであれば

まず、一番のおすすめの席と言えるでしょう

 

そして、次に人気なのがパノラマスタンド席

こちらは、値段もまだお手頃であるため

打ち上げ場所のセンターに近い

ライトスタンド1,2,3

レフトスタンド1,2,3と売れていきます

 

やはり、端っこの方ですと

やや全景が見渡しにくくなりますので

パノラマスタンド席を希望される場合は

1の席がおすすめです

 

まとめ

ということで、今回は

なにわ淀川花火大会の有料席の発売日や

値段に種類やおすすめを紹介してみました

 

これだけの規模の花火大会ですので

ゆっくり落ち着いてみようと思ったら

やはり有料観覧席の購入は必至だと思いますので

ぜひ、みなさんチェックしてみてください

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ